《生活》正しい消毒方法でウィルスや菌を寄せ付けない生活をしよう。

ウィルスは目・鼻・口などから体内に入れないのが先ず最優先!

菌とウィルスってこんなに違う存在

意外と多い菌とウィルスを一緒にしてるひと。病原微生物としての広い範囲では同じ扱いですが菌は自ら細胞を持っているのに対してウィルスは細胞を持っていません。

つまりこれらは全くの別物なんです。

菌とウィルスの違いは細胞を持っているか持っていないかの違い

ここで私たち人間にとって重要なの事は、それぞれの生存(ウィルスは残存)方法が違うので、感染してしまうとその後の戦い方が違うんです。

菌には良いものもある

菌には大腸菌のように人に悪影響を与える菌も存在しますが、人間の体内には乳酸菌のように健康に有用なものもあり腸の中を動き回り細胞分裂しながら暮らしています。

つまり単体で生きている生物なんです。

菌は有害な菌と有益な菌が存在する。

ウィルスは人の細胞を乗っ取る

自分の細胞を持たないインフルエンザやノロなどのウィルスは人の細胞の中に侵入し乗っ取りながら増殖します。

抗体を持たないウィルスに入り込まれると身体の免疫細胞が活動する前に一気に増殖します。

人の細胞に侵入すれば抗生物質も期待できません。

最善なのは体内に入り込ませない事

ウィルスの治療には抗ウィルス剤が必要ですが簡単に作れるものではありません。

流行がウィルスだと知ったら体内に取り込まない事を最優先して対策することを考えましょう。

「マスク」「うがい」「手洗い」が重要と言われるのは、これが理由です。

ウィルス対策は体内に取り込まない事が原則。マスク、うがい、手洗いが基本なのはこれが理由です。

一般的にウィルスは自力で残存し続ける時間が短いのが特徴ですから体内に侵入させないことを原則と考えましょう。

原始的だけど、やっぱり基本の3つがポイントなんですね。

付着物の種類によって一部のウィルスの残存期間は数日と非常に長い場合があることが報告されています。手洗いの後に持ち歩いたカバンや洋服などに触れれば再付着する可能性があります。できるだけ消毒効果のあるアルコールや次亜塩素酸水で拭き取るようにしましょう。

アルコール(エタノール)は万能ではない

アルコール(エタノール)は様々な菌やウィルスに効果があるのは御存知の通りです。でも、そのアルコールでも不活させにくいウィルスがいるんです。

それは▼のように、脂質の袋(エンベローブ)の有無によって違います。代表的なのがあのノロウィルスです。

※どちらにも有効な成分が添加された消毒用アルコール販売されています。

ウィルスはエンベロープとノンエンベローブに分かれる。ノロウイルスにアルコールは効かない理由です。

インフルエンザや新型コロナは▲右側のエンベローブウィルスです。脂質の袋を壊してしまえば不活性化します。

石鹸による手洗いやアルコールが推奨されているのも理解できますね。

実はそれよりもノロウィルスなどの脂質エンベローブを持たない▲左側のウィルスの方が殻(カプシド)が強固なので簡単に不活しにくい厄介な存在です。

そこで期待されているのが、次亜塩素酸水です。

注意 ※次亜塩素酸ナトリウムではありません

次亜塩素酸水が注目される理由

最近ではノロウイルスにも効果があるとして一般にも次亜塩素酸水が注目されてきておりますが、これまでは食品添加物として利用されたり飲食店の調理場などの利用が主でした。
※厚生労働省のノロウイルス不活性化調査(PDF)こちら

次亜塩素酸水は調理場や商品添加物として使われる安全性の高い消毒液

塩素という言葉から漂白剤をイメージされる方も多いかと思いますが、誤解すると大変危険です。そんなこと無いと笑う方もいらっしゃると思いますが、そうでもないんです。漂白剤は次亜塩素酸ナトリウムと言う異なる成分ですので、薄めて散布したりすると大変危険ですのでご注意ください。
※2020年5月末現在、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムを間違えて噴霧する事故が多発しています。絶対にやめてください!

塩素漂白剤と次亜塩素酸水は全くの別物なので扱いに注意しましょう。

次亜塩素酸水とは、食品添加物として認定されている除菌水の事です。

有機物と触れる事で瞬時に反応し多くは水と酸素に分解され残留物が少ないためアルコールよりも安全性が高いと注目されている物質です。

次亜塩素酸水の利用方法

次亜塩素酸水にもデメリットがあります。

有機物への反応が早く紫外線にも反応してしまうため長期保存が出来ません。

次亜塩素酸を自宅で希釈するにも水道水を使えば、その中の不純物と次々に反応して、ただの水になってしまいます。

次亜塩素を水道水で希釈したら即反応してただの水になってしまいます。

※1消防庁の通達(消毒用アルコールの安全な取扱い等について)こちら

バランスを調整された次亜塩素酸水を利用する

安全性の高さとウィルスを不活化させる効果が高いph5.5~6.5で濃度60ppmにバランス調整された次亜塩素酸水を使用することをお薦めします。

次亜塩素酸水の生成は自宅で作れるものではありません。
出典:JIIA

最適な次亜塩素酸水を自分で生成するのは現実的に困難と考えて間違いありません。
コスト的なメリットも無いでしょうから、調整済みの次亜塩素酸水が良いと思います。
慌てなくても入手できますので安心してください。

新型コロナウィルスの場合はアルコールは有効です。次亜塩素酸水の方が優れているということはありません。勘違いしないようにお願いします。

あとがき

消毒方法には種類があって、ウィルスの種類によって効果が違う事が分かりました。正しい知識によってより安全に対策できると思います。くれぐれもアルコールの取扱いには注意してください。

皆さんの健康をお祈りしております。予報は晴れのち快晴 編集部@サニーでした。


コメント

タイトルとURLをコピーしました