エンスーと呼ばれたい人の情報まとめサイト「NO CAR NO HAPPY」

エンスーと呼ばれたい人の情報まとめサイト「NO CAR NO HAPPY」カーマニア

旧車をメインに完璧な工業製品となった最新の車では満たされない未完成でアナログな車の魅力をお伝えします。からくり人形のような機械によるアイデアと発想の集合体だった昔の自動車。古きよきものを大切にする文化としても後世に伝えていかなけばいきません。子供たちに夢を与えられる大人でありたい。温もりを感じるカーマニアの世界へようこそ。 NO CAR NO HAPPY

カーマニア

《カーマニア》DIYファンを応援!実録メンテナンスの工具「クラッチ・ドラシャの巻」ヤリ過ぎ

今更ながらマニュアルミッションの記事を書く筆者は旧車、ヒストリックカーの趣味性が高いクルマが多いためオートマとは今でも縁遠い。過去の遺物となりそうなマニュアルミッションについて過去の作業記録を備忘録として書き起こし、絶対必要な工具や消耗品などを紹介する

カーマニア

《カーマニア》Lucasオルタネータから国産オルタを流用する実証実験!

電気自動車でない限り、自動車はバッテリーと発電機(オルタネーター)が無いと走り続けられない。電装部品は日進月歩で進化してきたので現代のオルタネータは大変優秀になっています。そこで似たような形のオルタネータを探してきて流用できないだろうかと旧車友との会話から実際にやってみる事に。
カーマニア

《カーマニア》WEBERウェーバーのキャブメンテ「アイドル調整と同調」~良い混合気をつくる~

旧車の魅力は生き物を扱うようなメカの温かみを感じるから。まるでスマホのように電子機器と化した現代の車に子供たちは目を輝かせない。ITネイティブな時代だからこそ生き物に魅力を感じるのでしょう。どんなに技術が発達しても暖かい温もりを感じる「アトム」を求めているんです。
カーマニア

《カーマニア》CDI導入のメリットとデメリット~「良い点火をつくる編 Vol.3」

ちょっとくらいキャブセッティングが悪くても強い点火があれば、正直そこそこ動いてしまうのが車です。ガソリンって意外と燃えにくい燃料なのでスパークプラグによる数万ボルトの点火エネルギーが無いとエンジンは動きません。そこで良い点火をつくるにはどうするかを検証していきます。
カーマニア

《カーマニア》セルモーターが回らない3つの原因~カチカチとエンジンが掛からない~

キーを回してもセルが回らない時って焦りますよね。一番に考えるのがバッテリー上がりじゃなですか?でも症状を見ていくと原因が特定できてくるんです。それが音です。ここでは「カチカチ症状」と呼ぶその音の正体とはいったい何なのか。セルモーターが回らない意外な原因があったんです。
カーマニア

《カーマニア》上抜きオイル交換できるDIY工具!専用ポンプで作業レポート!

CarManiacカテゴリは旧車乗りにとって必要不可欠なセルフメンテナンスを手助けする情報をお届け中。ショップに任せても壊れてばかりで乗る機会が無いなんて良くある話です。今回はメンテナンスの基本オイル交換(フルード交換)です。オイルチェンジャーを使って簡単に交換できる方法をご紹介します。
カーマニア

《カーマニア》旧車の定番、キャブレター車両をユーザー車検に持ち込んだ(車検場)

車検は旧車にとって過酷なシーンのように思われますが、準備さえしっかりしておけば意外と簡単なんです。ウェーバーキャブを搭載したジネッタで実際にユーザー車検(持ち込み車検)を実施したので本番当日の雰囲気をレポートします。ちょっとでもやってみようかなと思ってもらえたら幸いです。
カーマニア

《カーマニア》旧車は自分で整備する、キャブレター車両を持込車検するためにする事(事前準備)

車検ってどんなことするのか。車検場ってどんなところなのか。車を持っていても車検について詳しい人ってあまりいませんよね。そこで自ら車検場で検査を受けるユーザー車検についての特集です。しかも2連キャブレター搭載の旧車でチャレンジします。先ずは車検までの準備のポイントをお伝えします。
カーマニア

《カーマニア》メルセデス・ベンツ中古車 CLA長期レポート(ワイドトレッドスペーサーでツライチ)

今回はAMGラインというAMGスタイルエディションを活かしたルックス重視のクルマいじりです。専用の10mmスペーサーを入れてワイドトレッド化してツライチセッティングに挑戦します。ついでになんちゃってキャリパーカバーを設置します。カーマニアック編集部は実にアホな企画も担当します。
カーマニア

《カーマニア》DIYファンを応援!実録メンテナンスの工具「ミッションオーバーホールの巻」ヤリ過ぎ編

今更ながらマニュアルミッションの記事を書く筆者は旧車、ヒストリックカーの趣味性が高いクルマが多いためオートマとは今でも縁遠い。過去の遺物となりそうなマニュアルミッションについて過去の作業記録を備忘録として書き起こし、絶対必要な工具や消耗品などを紹介する

タイトルとURLをコピーしました