エンスーと呼ばれたい人の情報まとめサイト「NO CAR NO HAPPY」

エンスーと呼ばれたい人の情報まとめサイト「NO CAR NO HAPPY」カーマニア

旧車をメインに完璧な工業製品となった最新の車では満たされない未完成でアナログな車の魅力をお伝えします。からくり人形のような機械によるアイデアと発想の集合体だった昔の自動車。古きよきものを大切にする文化としても後世に伝えていかなけばいきません。子供たちに夢を与えられる大人でありたい。温もりを感じるカーマニアの世界へようこそ。 NO CAR NO HAPPY

カーマニア

《カーマニア》旧車は自分で整備する、キャブレター車両を持込車検するためにする事(事前準備)

車検ってどんなことするのか。車検場ってどんなところなのか。車を持っていても車検について詳しい人ってあまりいませんよね。そこで自ら車検場で検査を受けるユーザー車検についての特集です。しかも2連キャブレター搭載の旧車でチャレンジします。先ずは車検までの準備のポイントをお伝えします。
カーマニア

《カーマニアック》WEBERウェーバーキャブレターのメンテ「汚れの洗浄と面取り」~良い混合気をつくる~

若者たちの車離れは加速を止めません。それは魅力的な車が無いだけでなく大人たちのライフスタイルを見て育っている彼らには、移動手段以外の魅力を感じる機会を失ったからです。ここでは私の趣味の部屋でもあるので好き勝手に旧車ライフを掲載しています。旧車の大きな魅力のひとつ、キャブレターを取り上げます。
カーマニア

《カーマニア》上抜きオイル交換できるDIY工具!専用ポンプで作業レポート!

CarManiacカテゴリは旧車乗りにとって必要不可欠なセルフメンテナンスを手助けする情報をお届け中。ショップに任せても壊れてばかりで乗る機会が無いなんて良くある話です。今回はメンテナンスの基本オイル交換(フルード交換)です。オイルチェンジャーを使って簡単に交換できる方法をご紹介します。
カーマニア

《カーマニア》格安CCAテスターでバッテリー診断できる!お前はもう死んでいる?

車検でそろそろバッテリー交換の時期ですね~なんて言われる事はありませんか?バッテリー劣化の判断って何となく感覚に頼っているところがあるんじゃないでしょうか。ここではバッテリー性能の基準値「CCA」を測定してバッテリーの劣化度を見え化します。
カーマニア

《カーマニア》DIYファンを応援!実録メンテナンスの工具「クラッチ・ドラシャの巻」ヤリ過ぎ

今更ながらマニュアルミッションの記事を書く筆者は旧車、ヒストリックカーの趣味性が高いクルマが多いためオートマとは今でも縁遠い。過去の遺物となりそうなマニュアルミッションについて過去の作業記録を備忘録として書き起こし、絶対必要な工具や消耗品などを紹介する

カーマニア

《カーマニア》WEBERウェーバーのキャブレターメンテ「火災防止のおすすめ」~良い混合気をつくる~

カーマニアック(エンスー)な方々、ごきげんよう。どんなエンジンでもどんなシャーシでもキャブレターがベストじゃないと全てが台無しです。それほど気を遣わないとハッピー旧車生活はありません。世界的にもっとも有名なweberウェーバーを題材に抑えておきたいポイントだけをギュッと詰め込んでいます。
カーマニア

《カーマニア》カチカチとエンジンがかからない、バッテリーが原因のとき

セルモーターの「カチカチ症状」の関連記事を読んでバッテリーの不良が原因だと分かった場合の原因と対策について解説します。どのようなバッテリーでも化学反応である以上いずれは使えなくなります。でも見た目では分かりにくいのがバッテリー。どんな対策があるのか紹介します。
カーマニア

《カーマニア》低抵抗プラグコードと低抵抗コイルの選び方~「良い点火をつくる編 Vol.2」

良い点火と言っても、プラグコードを交換することはあまり無いでしょう。殆どがイリジウムなどのプラグ交換ですよね。実はプラグコードって必ず抵抗が入っていて点火にとっては大きな支障になっているんです。プラグよりプラグコードと数万ボルトの電気を発生させる点火コイルに拘ることの方が影響が大きいんですよね。
カーマニア

《カーマニア》WEBERウェーバーのキャブメンテ「アイドル調整と同調」~良い混合気をつくる~

旧車の魅力は生き物を扱うようなメカの温かみを感じるから。まるでスマホのように電子機器と化した現代の車に子供たちは目を輝かせない。ITネイティブな時代だからこそ生き物に魅力を感じるのでしょう。どんなに技術が発達しても暖かい温もりを感じる「アトム」を求めているんです。
カーマニア

《カーマニア》DIYファンを応援!実録自宅メンテ紹介「ミッションOHの巻」ヤリ過ぎのはじまり

今更ながらマニュアルミッションの記事を書く筆者は旧車、ヒストリックカーの趣味性が高いクルマが多いためオートマとは今でも縁遠い。過去の遺物となりそうなマニュアルミッションについて過去の作業記録を備忘録として書き起こし、絶対必要な工具や消耗品などを紹介する

シェアする
タイトルとURLをコピーしました