趣味・ホビーカテゴリ

趣味・ホビーカテゴリ趣味・ホビー

趣味は人それぞれですが、興味の無い人には価値のない物が宝物になるのが不思議な世界です。実は美容と健康にも趣味はとってもいいんですよ。いつまでも好奇心を持ち続ける事は若さの秘訣なんですね。ちょっと好奇心を持ったものがあったなら一歩踏み込んで扉を開けてみませんか?いつの間にか夢中になっていたらそれが趣味です。人生楽しみましょう!

DIY

《カーマニアック》結晶塗装のDIY塗装に挑戦!100万馬力の真紅のヘッドカバーに変身させる

フェラーリエンジンのような結晶塗装がDIYで手軽にできるというので、編集部では実際にやってみることにした。焼付け塗装必須と言われるだけにハードルが高いと思われるが普通の塗装と同じ様に出来るらしい。米国VHTの結晶塗料を使って筆塗りまでチャレンジしてみる。
DIY

《デジタルカメラ》広角レンズのカビ、塵、ホコリ取りの分解清掃 Sigma 17-35mm F2.8-4 EX ASPHERICAL

一眼カメラはレンズ交換できるのが最大の特徴でメリットですが、増えるレンズに対して使用頻度が落ちるわけで、そうすると保管状態がが悪ければカビが繁殖してしまいます。防湿庫があればカビは大丈夫ですが、ホコリや塵は一度入ってしまうと簡単に取り除くことはできません。メーカーメンテを依頼するか自分でやるかはあなた次第!
DIY

《デジタルカメラ》超広角レンズの塵、カビ、ホコリを分解清掃する Sigma 12-24mm F4.5-5.6 EX DG HSM

一眼カメラは買ったけど最初についていたレンズだけって人は意外と多い。もし何か買ってみようと思うなら超広角レンズをオススメする!圧倒的な世界観の広角ならきっとレンズ交換の楽しさを味わえるハズ。ただし値段はお高いので中古レンズを狙うのもあり!ありがちなレンズの塵などはちょっとだけなら自分で清掃できるよ!
DIY

《カーマニアック》強化エンジンマウントがたった1500円で完璧に自作できるDIY方法

強化エンジンマウントって結構高いでしょう。パーツの取り外しくらいはできそうだと思ったら、純正マウントを自作で強化エンジンマウントに改造しちゃうことだって出来るんです。しかも今回は1500円でやってしまうという超お得なチューニング見本!でも競技でも使えるくらいの出来栄えだよ!
DIY

《デジタルカメラ》ズームレンズのカビ、ホコリ、塵を分解して清掃してみた Nikkor AF VR 24-120mm

ズームレンズの宿命、内部へのホコリやカビやチリの混入!どこまで写真に影響するのか撮影状況で様々、メーカーサービスが受けられない古いレンズだったら専門業者に出すか自分でやるしか無い。今回は自己責任で軽微なレベルのカビとクモリを分解清掃します。
DIY

《カーマニアック》CDIで強力スパーク~良い混合気・良い圧縮・良い点火~「良い点火をつくる編」

ちょっとくらいキャブセッティングが悪くても強い点火があれば、正直そこそこ動いてしまうのが車です。ガソリンって意外と燃えにくい燃料なのでスパークプラグによる数万ボルトの点火エネルギーが無いとエンジンは動きません。そこで良い点火をつくるにはどうするかを検証していきます。
DIY

《カーマニアック》低抵抗プラグコード・コイルとは~良い混合気・良い圧縮・良い点火~「良い点火をつくる編」

良い点火と言っても、プラグコードを交換することはあまり無いでしょう。殆どがイリジウムなどのプラグ交換ですよね。実はプラグコードって必ず抵抗が入っていて点火にとっては大きな支障になっているんです。プラグよりプラグコードと数万ボルトの電気を発生させる点火コイルに拘ることの方が影響が大きいんですよね。
DIY

《カーマニアック》プラグギャップとは~良い混合気・良い圧縮・良い点火~「良い点火をつくる編」

買ってきたプラグを信用してそのまま付けるのは禁物、プラグギャップは輸送時などに変わっていたりすることもあります。プラグギャップは広げたほうが火花が大きいが失火するリスクもある。色々試すのもDIYの楽しいところ、欲張らずに安全な範囲で調整してみましょう。
DIY

《カーマニアック》サーモスタットとラジエーターキャップは消耗品!定期的に交換が必要

ある時オーバーヒートを経験してから逆にオーバークールに陥りました。なんとキャップとサーモスタットの両方が立て続けに壊れたということなんです。実はどちらも5年以上交換してませんでした~!!今回はDIYで部品交換の方法などについてお伝えします。
DIY

《カーマニアック》オーバーヒート…オーバークール…とは、水温が上がらない…下がらない…

夏になれば水温が上昇してオーバーヒート、冬は水温が上がらなくてオーバークールと旧車ならよくある話ですが、実はけっこう最近の車だってあるんです。カーマニアック編集部では「意外と知らないエンジンを冷却するラジエーターの話」を実際に整備しながらレポートします。
タイトルとURLをコピーしました