《仕事の羅針盤》仕事にいきがい・自己実現・成長とは ~欲求を理解しコントロールする~

《仕事の羅針盤シリーズ》では最終的に「いきがい」をもって働けることを願って執筆しています。今回はその「いきがい」についてです。ちょっと視点を変えるだけで小さなことに悩んでいたことが分かります。

さて人生の約1/3は睡眠時間だと言うのは良く知られている事ですが、同じように約1/3は労働時間と言われています。

人生の三分の一は労働時間
イメージです

ひとそれぞれ大小はありますが、それほど多くの時間を『いきがい』だと感じられるなら、どれだけ充実して幸せな人生になるかは想像するに容易いです。
関連記事▶いきがい

いきがいとは何か

それは、他に何かを求めるものではなく、自分のもてる力を活用して成し遂げようとする行為。つまり「自分らしく」「やりたいこと」を求め「こうありたい」と行動している時、または達成されているときです。これを自己実現欲求と言ったり、成長欲求と言ったりします。誰でも持っている物ではなく無くても生活に困ることはありませんが、俗にいう「やりたいこと」を「見つける」として己に求めるものです。

いきがいに達するまでの道のり

それは、人間の欲求の段階を理解する必要があります。ここでは心理学者マズロー氏が示した「人間の欲求は5階層がある」を引用していきます。

この5階層のなかで『いきがい』こそが唯一「他に求める」欲求ではなく「己に求める」もので、全ての人間が持てるものではありません。それではひとつひとつの欲求階層を確認していきましょう。

人間の5つの欲求階層

これ▼は「人間の欲求の5階層」をピラミッドに表したものです。

マズローの5段階の欲求

ピラミッド形状が相応しいかどうか議論の余地がありますが欲求を高次元~低次元とする場合のイメージになると思ってくだださい。これらは低次から順番に欲求が満たされれば高次へ上がっていく構造になっています。

生理的欲求とは

それは、人が生存するための本能的な生理的欲求です。食物や水分などの摂取や呼吸に睡眠など生命維持に最低限必要であり最も低次な欲求と言われるものです。過酷な労働条件など最も注意しなければならない部分になります。
関連記事▶労働時間

安全・安定の欲求とは

それは、最低限の生活が保障される条件を満たされる欲求のことです。例えばプライバシーを確保でき安全性を保つことができる家であったり、生活のための収入源の確保にあたります。転職活動で言えば募集内容の月収や年収にあたります。
関連記事▶労働賃金

所属・愛情欲求とは

それは、個人から集団・組織へのコミュニティへの参加欲求です。家族、友人、学校、会社などのへの交わりと愛情を得たいという欲求です。転職でいうと採用されるときに達成される欲求と言えます。一般には人間関係を指します。
関連記事▶人間関係

承認欲求とは

それは、家族、友人、学校、会社などの組織から自分の存在を認めさせたいという欲求です。認められない事からくる疎外感など、他の欲求不満を助長させ転職のきっかけになるものと考えます。ここまでの欲求が満たされて、はじめて最後の5階層目の自己実現に向かえるのです。
関連記事▶人事評価

自己実現欲求とは

それは、「私はこうあるべき」「こうなりたい」と自らを思い描いた「自己概念」の具現化を求める事です。これは他の欲求とは違い誰もが持つものではありません。例えば自己犠牲を伴ってでも行動できることがこれにあたり、他人が見れば損をしているように見えることでも、本人にとっては「幸福」を感じることができるものです。
これが『いきがい』というものです。
関連記事▶仕事内容

『いきがい』に支えられた生き方

それは、どんなに忙しくても、または賃金が安くても『いきがい』に感じている人にとって仕事は無くてはならない存在です。このような状態で「転職」など考える隙間は存在しないと言っていいでしょう。逆パターンはあります「まぐろ漁師」に憧れて脱サラして漁師になるなんて事です。「やりたいことが見つかる」素晴らしい事だと思いますね。

未経験でもスキルアップ教育と連動した転職支援もあるので新しい世界にチャレンジしてみるのも素晴らしい経験になると思います。文末に専門性に特化した支援サービスだけを一覧にしてあるので活用してください。

あとがき

はじめに仕事は人生の1/3の時間を費やすことだと言いました。好きな事を仕事にすると辛いなどと聞くことがありますが、あれは私は嘘だと思います。

私が会社を辞めた理由は溢れんばかりの『やりがい』を奪われてしまったためです。

「なんでそんなに一生懸命になれるの?」と言われるような仕事が見つかることを祈っています。文末に専門性に特化した支援サービスだけを一覧にしてあるので活用してください。

予報は晴れのち快晴です。サニー@でした。

業種別・地域別の専門的な転職支援リスト

業種の乗換えの転職 『未経験から新たな職種にチャレンジする』

未経験から新たな職種にチャレンジ。180度、業種を変えても今までの経験が生かせる事があるはず。教育支援でサポートを受けながら始められるプランも多数。






特定の地域の転職『大手転職サービスを上回る求人数が地域限定の魅力』

地域を限定することで一般非公開求人情報が多いので地域を絞った転職を考えるなら先ず登録しましょう!


エンジニアの転職『ITエンジニアは人材不足の売り手市場、転職率は高い』

専門知識と技術力(スキル)が売り物のエンジニアはIT系が特に人気が高く求人も多いが転職率も高い。仕事がプロジェクト単位のため、最終的にフリーランスを選ぶ人も多い。








保育士・介護職の転職『環境と人間関係から転職率が高い慢性的人材不足』

人材不足で転職率も高い。個人の技術力(スキル)が売り物のため職人気質で人間関係が難しい傾向。精神的な強さが求められる。









医師・看護師の転職『転職率が高い、狭い世界なのでエージェント任せがベスト』

日本は先進国の中でも特に医師・看護師の絶対人数が少なく職場環境の偏りによる過労が問題。転職率は高いが狭い世界なので行動に出しにくい。専任エージェントで任せるのがベスト。







薬剤師・理学療法士の転職『求人需要の多い職業、転職しやすい売り手市場』

処方箋を扱うドラッグストアが増え薬剤師の需要は多い、また医療に加え介護が増える事で療法士も人材不足で完全に売り手市場となっているが転職率は低い。


障がい者の転職『熱心で意欲・マインドが高い人が多く有資格者は有利』

在宅勤務でも仕事ができるIT系の仕事が多い。非公開求人の比率が高いので専門の転職支援サービスはお薦め。



フリーランスになる『スペシャリストの最終形態・安定より自由を選択』

専門性の高い仕事をしてきたスペシャリストにとってフリーランスは一つの理想の形。徐々にではあるものの仕事の形態として認められてきた。





ドライバーの転職『企業間の賃金差が少ない。転職目的は仕事内容が中心』

タクシー・バス・運送・重機など二種や大型など多くは特別な免許が必要、他業種より企業間の賃金差は少い。離職・転職率は高いのはその他の不満が中心。




その他のこだわり『アスリート・寮完備・不動産など』

アスリート人材だけを専門にした求人・寮完備にこだわるなど新しいアプローチの求人・転職支援を集めました。



高収入キャリアの転職『経験と実績から自己の価値を向上する』

これまでの知識や経験を活かして多くの企業にコンサルタントとして活躍するための支援サービス。


コメント

タイトルとURLをコピーしました