《仕事の羅針盤》仕事に情熱を持てるか ~未知の能力を発揮する領域~

《仕事の羅針盤シリーズ》では最終的に「いきがい」をもって働けることを願って執筆しています。ちょっと視点を変えるだけで小さなことに悩んでいたことが分かります。

今回は、なぜ人は会社を辞めたいと感じることがあるのかをまとめた記事「いきがい」から(マズローの5段階の欲求)にあてはめて掘り下げます。

マズローの5段階の欲求

その中で①仕事内容をとりあげます。

  1. 仕事に情熱(自己実現欲求)
  2. 評価の難しさ(承認欲求)
  3. 複雑な人間関係(所属・愛情欲求)
  4. 適正な給与とは(安全・安定欲求)
  5. 無限の労働時間(生理的欲求)

仕事への情熱を感じるか

この5つの中から「仕事に情熱」を感じている方は、言い換えれば「自己実現欲求」が満たされている状態です。仕事に「やりがい」を求めて、それにより高いモチベーションを保つことができます。満たされている間は、多少のことは犠牲にしても苦になりにくいタイプです。転職はもちろんですが独立して企業・フリーランスでも成功する可能性が高いです。

先ずやるべきこと

それは、やりたい仕事の内容をはっきり言えるようにすることです。何となくのイメージだ「こんなじぶん」ではなくもっと具体的にです。「なりたい自分」ではなく「やりたいこと」ですから混同しないようにしましょう。例えば大雑把でもいいので内勤業務より外勤業務「新しい人との出会いが好き」などであったり、直販営業ではなく代理店営業「長く深い付き合いが好き」であったり、経営コンサルよりITコンサル「元エンジニアのスキルを発揮したい」だったりです。

やりたい仕事の内容をはっきり言えるようにすることです。例えば大雑把でもいいので内勤業務より外勤業務などであったり、直販営業ではなく代理店営業であったり経営コンサルよりITコンサルだったりです。

現在の会社自体に不満がないのであれば、配置換えで解消できる可能性が充分にあります。このような人に抜けられるのは会社にとっても損失です。転職を考える前に先に上司などに相談してみることをお薦めします。

やりたい仕事と出来る仕事

それは、自分の得意な事「スキル」とやりたい事にギャップが無いか知っておく事です。幸いにしてどちらも同じであれば申し分ありません。しかし客観的にみて双方にギャップがある場合、会社にとって不利益となる異動を認められないのが通常でしょう。

やりたい仕事に専門的なスキルが必要なのだとしたら先にスキルを取得するなどアプローチの方法を考える事をお薦めします。

やりたい仕事に専門的な知識「スキル」が必要なのだとしたら先に学んで資格や専門スキルを取得するなどアプローチの方法を考える事をお薦めします。

やりたい業種も違う場合

これは、もう転職する以外に方法は無いでしょう。大手企業ならグループ内に別業種があるかもしれませんが転籍や出向はハードルが高いです。「やりたいこと」が見つかるのが嬉しいことですが、こういう事態も起きます。むしろ見つかったのなら素晴らしいことですから前向きに!このレベルの方の転職は「会社に引き留められる」と思いますので大いに悩んでください。

転職を引き留められるタイプの社員

専門性の高い業種であれば業種に特化した転職支援サービスを活用することをお薦めします。同じ業種で様々な比較ができるので成功への近道です。
また未経験の業種向けにスキルアップ教育が付いた転職支援もあるので全く新しい世界にチャレンジしてみるのも素晴らしい経験になると思います。文末に業種に特化した転職支援サービスを一覧にしてあるので活用してください。

あとがき

残念ながら会社という組織の中で、やりたい仕事が出来る可能性はそう高くはありません。たとえ雑用であっても誰かがやらなければならない仕事があるからです。それでも雑用仕事が大好きな人が居るのも事実なんです。

仕事内容に不満を持つことはポジティブな向上心の表れですから成功すると思います。頑張ってください!

予報は晴れのち快晴です。サニー@でした。

業種別・地域別の専門的な転職支援リスト

業種の乗換えの転職 『未経験から新たな職種にチャレンジする』

未経験から新たな職種にチャレンジ。180度、業種を変えても今までの経験が生かせる事があるはず。教育支援でサポートを受けながら始められるプランも多数。






特定の地域の転職『大手転職サービスを上回る求人数が地域限定の魅力』

地域を限定することで一般非公開求人情報が多いので地域を絞った転職を考えるなら先ず登録しましょう!


エンジニアの転職『ITエンジニアは人材不足の売り手市場、転職率は高い』

専門知識と技術力(スキル)が売り物のエンジニアはIT系が特に人気が高く求人も多いが転職率も高い。仕事がプロジェクト単位のため、最終的にフリーランスを選ぶ人も多い。








保育士・介護職の転職『環境と人間関係から転職率が高い慢性的人材不足』

人材不足で転職率も高い。個人の技術力(スキル)が売り物のため職人気質で人間関係が難しい傾向。精神的な強さが求められる。









医師・看護師の転職『転職率が高い、狭い世界なのでエージェント任せがベスト』

日本は先進国の中でも特に医師・看護師の絶対人数が少なく職場環境の偏りによる過労が問題。転職率は高いが狭い世界なので行動に出しにくい。専任エージェントで任せるのがベスト。







薬剤師・理学療法士の転職『求人需要の多い職業、転職しやすい売り手市場』

処方箋を扱うドラッグストアが増え薬剤師の需要は多い、また医療に加え介護が増える事で療法士も人材不足で完全に売り手市場となっているが転職率は低い。


障がい者の転職『熱心で意欲・マインドが高い人が多く有資格者は有利』

在宅勤務でも仕事ができるIT系の仕事が多い。非公開求人の比率が高いので専門の転職支援サービスはお薦め。



フリーランスになる『スペシャリストの最終形態・安定より自由を選択』

専門性の高い仕事をしてきたスペシャリストにとってフリーランスは一つの理想の形。徐々にではあるものの仕事の形態として認められてきた。





ドライバーの転職『企業間の賃金差が少ない。転職目的は仕事内容が中心』

タクシー・バス・運送・重機など二種や大型など多くは特別な免許が必要、他業種より企業間の賃金差は少い。離職・転職率は高いのはその他の不満が中心。




その他のこだわり『アスリート・寮完備・不動産など』

アスリート人材だけを専門にした求人・寮完備にこだわるなど新しいアプローチの求人・転職支援を集めました。



高収入キャリアの転職『経験と実績から自己の価値を向上する』

これまでの知識や経験を活かして多くの企業にコンサルタントとして活躍するための支援サービス。


コメント

タイトルとURLをコピーしました