《仕事の羅針盤》正しい人事評価は難しい ~認められる喜びが力になる~

《仕事の羅針盤シリーズ》では最終的に「いきがい」をもって働けることを願って執筆しています。ちょっと視点を変えるだけで小さなことに悩んでいたことが分かります。

今回は、なぜ人は会社を辞めたいと感じることがあるのかをまとめた記事「いきがい」から(マズローの5段階の欲求)にあてはめて掘り下げます。

マズローの5段階の欲求

その中で②評価についてとりあげます。

  1. 仕事に情熱(自己実現欲求
  2. 評価の難しさ(承認欲求)
  3. 複雑な人間関係(所属・愛情欲求)
  4. 適正な給与とは(安全・安定欲求)
  5. 無限の労働時間(生理的欲求)

人事評価は難しい

この5つの中から「人事評価に不満」を感じている方は、「承認欲求」(みとめてほしい)が満たされていない状態です。仕事には真剣に黙々と取り組み自信があるタイプですが自尊心も強い。よく「褒められると伸びるタイプ」なんて言いますよね。
会社には大小様々なミッションがあり目標値が設定されています。その目標以上の成果を挙げた場合「相応の評価が欲しい」のは当然の事です。しかし評価は他人がすること、現実は不当と思える評価が存在するのも事実です。会社の規模が大きければ配置転換で成功する可能性もあるでしょうが、適合性が疑われるとして人事データにレッテルが貼られる恐れもあります。

先ずやるべきこと

それは、自分で絶対評価と相対評価をすることです。相対評価とは周りの人との比較で上司が一次評価するのがこれだからです。もし成果を数値化しにくい事務職だとしたら相対評価してみると現実とても難しい事が分かります。

仕事の絶対評価と相対評価

そうした制度を理解したうえで上司や人事に掛け合うのは正しいと思います。ただそれが更に不当評価の要因になってしまわぬよう、慎重に転職など他の道(プランB)も作ってから行動を考えた方がいいでしょう。

会社の評価基準にあっていない

これは、例えば実績とプロセス、実行力と指導力など会社が重要視する評価基準です。会社には職種によって一定の評価基準が設けられています。例えば、指導力は高くても会社が重要視する行動力を欠いている場合には評価は低くなります。転職においては会社が重視する評価基準を見極めておく必要があります。これも自分の性質を理解していないと始まりません。

評価基準の一例
評価基準のイメージ

そして一般的に一次評価は直属の上司にあるという事です。そのため上司の個人的な基準は完全に排除できません。どんなに綺麗ごとを言っても上司に気に入られなければ相対評価で比較されたときに落とされるのはある事です。なぜそのような事が起こるのでしょうか。

評価される人と評価されない人

それは、一定の成果について自己評価に結び付けようとする人とそうでない人です。言ってみればアピールが上手な人と下手な人です。もし自分が上司だったら、部下から「今回の成果は上司の指導のおかげです」と言われたら同じ成果でもより高い評価をつけたくなるものではないですか?

上司に気に入られると評価されやすくなる

つまり頑張ったことだけをアピールするのは自慢話で終わってしまう場合があるのです。そんなこと言ってもアピールしなくても「上司は部下の行動を理解するのが仕事だろう」と思いますよね。同感!私はアピールが下手だとよく言われました。でも、やっぱり人間同士である以上は必要な事なのかと思いますね。

評価されやすい仕事とされにくい仕事

それは、営業のように成果を数値化しやすい仕事と事務職のように数値化しにくい仕事です。それを理由に事務職から営業職へ異動願いするのも一つの解決方法です。

事務職から営業職へ異動願いするのも一つの解決方法

運よく営業職になったとして営業でも担当する商品や顧客などによって「努力=結果」では無いので、残念なことにならないように目標設定を誤らないようにしましょう。それに「やりたくない仕事」を選んでしまうと評価どころじゃ無くなってしまうかもしれませんから良く考えましょう。

転職するならどんなところか

それは、外資系の企業です。そのぶん甘くないので結果にも厳しい面はありますが評価を強く求める人にとっては最適と言えるでしょう。英語力が必須という会社も多いので条件をよく見極めてから動きましょう。外資系は転職率も高いので転職者に対して懐が広いです。しかし手厚い教育などは期待できない場合が多いので「即戦力」を求められると考えて向かわないと着いていけなくなります。

実力主義の外資系企業がおすすめ

それと、アウトプット(生産性)を主とする業種&職種です。業種で言えば、製造業、販売業、広告業、職種で言えば、エンジニア、商品企画、営業などでしょう。
「外資系」&「営業」の組み合わせは「評価と給与」に結びつきやすいです。

新しい世界にチャレンジしてみるのも素晴らしい経験になると思います。文末に専門性に特化した支援サービスだけを一覧にしてあるので活用してください。

あとがき

人事評価は会社の中でたいへん難しいイベントのひとつです。誰もが納得できる評価はどのようなものなのか、私は頑張ったプロセスを見逃さず大切にすることだと思います。それは「やりがい」となって会社の宝になっていくはずなんです。

みなさん一緒に頑張っていきましょう!

予報は晴れのち快晴です。サニー@でした。

業種別・地域別の専門的な転職支援リスト

業種の乗換えの転職 『未経験から新たな職種にチャレンジする』

未経験から新たな職種にチャレンジ。180度、業種を変えても今までの経験が生かせる事があるはず。教育支援でサポートを受けながら始められるプランも多数。






特定の地域の転職『大手転職サービスを上回る求人数が地域限定の魅力』

地域を限定することで一般非公開求人情報が多いので地域を絞った転職を考えるなら先ず登録しましょう!


エンジニアの転職『ITエンジニアは人材不足の売り手市場、転職率は高い』

専門知識と技術力(スキル)が売り物のエンジニアはIT系が特に人気が高く求人も多いが転職率も高い。仕事がプロジェクト単位のため、最終的にフリーランスを選ぶ人も多い。








保育士・介護職の転職『環境と人間関係から転職率が高い慢性的人材不足』

人材不足で転職率も高い。個人の技術力(スキル)が売り物のため職人気質で人間関係が難しい傾向。精神的な強さが求められる。









医師・看護師の転職『転職率が高い、狭い世界なのでエージェント任せがベスト』

日本は先進国の中でも特に医師・看護師の絶対人数が少なく職場環境の偏りによる過労が問題。転職率は高いが狭い世界なので行動に出しにくい。専任エージェントで任せるのがベスト。







薬剤師・理学療法士の転職『求人需要の多い職業、転職しやすい売り手市場』

処方箋を扱うドラッグストアが増え薬剤師の需要は多い、また医療に加え介護が増える事で療法士も人材不足で完全に売り手市場となっているが転職率は低い。


障がい者の転職『熱心で意欲・マインドが高い人が多く有資格者は有利』

在宅勤務でも仕事ができるIT系の仕事が多い。非公開求人の比率が高いので専門の転職支援サービスはお薦め。



フリーランスになる『スペシャリストの最終形態・安定より自由を選択』

専門性の高い仕事をしてきたスペシャリストにとってフリーランスは一つの理想の形。徐々にではあるものの仕事の形態として認められてきた。





ドライバーの転職『企業間の賃金差が少ない。転職目的は仕事内容が中心』

タクシー・バス・運送・重機など二種や大型など多くは特別な免許が必要、他業種より企業間の賃金差は少い。離職・転職率は高いのはその他の不満が中心。




その他のこだわり『アスリート・寮完備・不動産など』

アスリート人材だけを専門にした求人・寮完備にこだわるなど新しいアプローチの求人・転職支援を集めました。



高収入キャリアの転職『経験と実績から自己の価値を向上する』

これまでの知識や経験を活かして多くの企業にコンサルタントとして活躍するための支援サービス。


コメント

タイトルとURLをコピーしました